槇原敬之逮捕!覚醒剤取締法違反の疑い

歌手の槇原敬之容疑者(50歳)が東京都内のマンションで覚醒剤を所持していたなどとして警視庁に逮捕されました。
警視庁によると平成30年4月、東京港区のマンションで覚醒剤を含む粉末0.083グラムを所持していたとして覚醒剤取締法違反の疑いが持たれているようです。
また、この前の月に同じ場所でいわゆる危険ドラッグを所持していた疑いも同時に持たれているようです。
覚醒剤に危険ドラッグ、槇原敬之、こりゃもうアウトです。

麻薬とエンターテイメントの関係性

もぉ恋なんてしないなんてぇー、言わないよ、ぜぇえたいぃっー!でおなじみの槇原敬之がまた逮捕されました。
前回逮捕の際は、もぉヤクなんてやらないよぉ、ぜぇえたいぃっー!的なコメントをしていた記憶があります。
田代まさしもそうですが、やっぱりやめられないんですかねー。
本人的には様々な理由もあるだろうけれど、ダメなものはダメなわけで、言い訳の通る世界じゃないですよね。
そんなニュースが飛び交う今日この頃、槇原敬之容疑者が逮捕されたことを流すテレビをみていたら、あるコメンテイターの言葉が気になった。

そのテレビは、槇原敬之容疑者のファンと思われる人々の街頭インタービューみたいなものから始まった。
今回、槇原敬之容疑者の逮捕をどう思われますか?とおざなりなインタビューに対し、ファンと思われる人々は、とっても残念!でもこれだけ良い曲を世の中に出してくれていて凄い才能の持ち主。
またいつか槇原敬之容疑者が作る曲を聴いてみたい!的な、んー、何だかなぁ、と、分かるような分からないような回答が多かった。その後画面はスタジオに戻り、コメンテイターの発言となった。

コメンテイターAさんは、今回の槇原敬之容疑者が逮捕された件についてどぉー思われますか?って司会者。
そこでコメンテイターAさんは、街頭の人々の発言通り、槇原敬之容疑者は確かに素晴らしい才能の持ち主で、数々の素晴らしい曲を世の中にリリースしてますよねー。
その曲で心癒されたり、励まされたり、力をもらったり、あらゆる影響を受けた方々は確かに大勢いらっしゃると思います。
しかし!槇原敬之容疑者がこれまでに作ったその素晴らしく人に影響を与えてきた数々の曲というのは、槇原敬之容疑者が覚せい剤の力を借りて作り出した可能性もあります。
これって逆に皆さんどう思われますかね?って回答していた。

思うところ

んー、確かにそうだ。その通りかも。
とても考えさせらてしまうコメントだ。
つまり人々が感動したり、何らかの影響を受けたり、そーゆーネタをクリエイトする側の人ってやっぱり普通の人とはどこかかけ離れたセンスというかパワーというかそーゆーものを持った人なんだと子供のころから何の疑いもなくそー思っていたんだけど、あれ?もしかして?違うの違うかも?って。
麻薬の力を借りていたから、普通の人とは違うことができた?うー、一体どうなんだ?そーじゃない人もたくさんいると思うし、残念ながらそーな人もいるんだろうし。
んー、悩む。でも事実、今回の槇原敬之容疑者は少なからず覚せい剤の力を借りていたんだと思うと言われても仕方がない状況なわけだし。
実際、私が子供のころから大好きで今もなお聴くたびに感動させられる、エリッククラプトンやポールマッカートニーなんかも確かに昔にやっぱり麻薬をやってるし。
あちゃぁー、結構世の中の人って麻薬中毒者のおかげで感動とか与えられてるわけ?少なくとも私はその一人。
んー、メチャ微妙だわー。
逆から言うと、世の中から麻薬中毒者がいなくなったら、世の中で感動する人もいなくなる?
うわー!
チョイ大袈裟な例えかもだけど、繋がってると思う。

あぁー、何だか今夜はよく眠れそうにない。

-トレンド情報
-,

© 2022 SURFMAN.T Powered by AFFINGER5